【StableDiffusion】便利すぎるおすすめ拡張機能Extensions【5選】

これすご-AIクリエイティブ-
19 Jul 202308:03

TLDRこの動画では、ステーブルディフュージョンウェブUIで使える5つのおすすめの拡張機能が紹介されています。第5位は、生成された画像をWEB UIから確認できる「イメージブラウザ」で、プロンプトやモデルなどの詳細を確認し、お気に入りに保存できる機能があります。第4位は、顔の表情を細かく調整できる「アフターディテイラー」で、画像生成時間が長くなるが、キャラクターの表情を豊かに作成することができます。第3位は、1文字入力から単語を提案する「タグコンプリート」で、プロンプト入力を簡単に補助します。第2位は、モデルの容量を軽量化する「モデルツールキット」で、ストレージを節約しながらも生成される画像の質にほとんど影響を与えないとのことです。そして第1位は、画像の質を高める「コントロールネット」で、オープンポーズ、キャニー、タイル、リファレンスオンリーの4つのモデルが紹介されています。これらの拡張機能は、ステーブルディフュージョンの使いやすさを大きく向上させ、創造性を発揮するのを助けます。

Takeaways

  • 🖼️ 第5位は「イメージブラウザ」拡張機能で、生成された画像をWEB UIから直接確認・検索できる機能です。
  • 🎨 第4位は「アフターディテイラー」で、表情の差分画像を作成し、顔の崩れを防ぐことができます。
  • 🔍 第3位は「タグコンプリート」で、1文字入力から人気順にタグを提案してくれます。
  • 🛠️ 第2位は「モデルツールキット」で、モデルの容量を軽量化してストレージを節約できます。
  • 🎯 第1位は「コントロールネット」で、画像のポーズや特徴を細かくコントロールできます。
  • 📂 「イメージブラウザ」を使用すると、お気に入りフォルダに移動したり、プロンプトをコピーして同じような画像を再生成することができます。
  • 🕒 「アフターディテイラー」は画像生成に時間がかかるデメリットがありますが、キャラクターを保持した表情変化が簡単に作れます。
  • 🚀 「タグコンプリート」はプロンプト入力を支援し、創作の効率を向上させます。
  • 💾 「モデルツールキット」はストレージを圧迫する問題を解決し、オリジナルと軽量版の画像の品質にほとんど影響しません。
  • 🔧 「コントロールネット」の4つの主要なモデルは、オープンポーズ、キャニー、タイル、リファレンスオンリーで、それぞれ異なる機能を提供します。
  • 🌟 他の多くの拡張機能についても詳しく知りたい場合は、動画の概要欄に貼られたURLをチェックしてください。

Q & A

  • ステーブルディフュージョンウェブUIで使える拡張機能とは何ですか?

    -ステーブルディフュージョンウェブUIで使える拡張機能は、画像生成を支援する様々な機能を提供します。たとえば、画像ブラウザ、アフターディテイラー、タグコンプリート、モデルツールキット、コントロールネットなどがあります。

  • イメージブラウザ拡張機能の利点は何ですか?

    -イメージブラウザ拡張機能を使うと、ウェブUI上から生成された画像を確認、検索することができ、プロンプトや使用モデル、サンプラーシード値などの詳細情報を見ることができます。また、お気に入りに登録して整理し、同じような画像を再生成することも簡単に行えます。

  • アフターディテイラー拡張機能は何を可能にしますか?

    -アフターディテイラー拡張機能は、キャラクターの表情を細かく調整し、顔のぐちゃになるのを防ぐことができます。これにより、キャラクターを保持したまま、泣いたり笑ったり、怒ったりなどの表情を簡単に作ることができます。

  • タグコンプリート拡張機能の使い方は何ですか?

    -タグコンプリート拡張機能は、プロンプト欄に1文字入力するだけで、その文字から始まる単語を人気順に提案してくれます。これにより、プロンプトを素早く入力し、生成したい画像の種類を正確に指定することができます。

  • モデルツールキット拡張機能は何をしますか?

    -モデルツールキット拡張機能は、ストレージを圧迫しているモデルの容量を軽量化してくれます。これにより、ストレージを節約し、オリジナルのモデルと比較しても生成される画像にほとんど影響しない軽量版のモデルを使用することができます。

  • コントロールネットの4つの主要なモデルは何ですか?

    -コントロールネットの4つの主要なモデルは、オープンポーズ、キャニー、タイル、リファレンスオンリーです。それぞれが異なる機能を持ち、画像のポーズ、線画の抽出、高画質化、特徴の強調などを行うことができます。

  • オープンポーズモデルはどのような機能を持ちますか?

    -オープンポーズモデルを使うと、元の画像と同じポーズを取らせることができるため、特定の姿勢やポーズを再現したいときに非常に役立ちます。

  • キャニーモデルはどのように使われますか?

    -キャニーモデルは、もとにした画像から線画を抽出し、そこに色を塗ることで、実写からアニメ風の画像にしたり、色の塗り替えを行うことができます。

  • タイルモデルの効果は何ですか?

    -タイルモデルは画像を高画質化してくれます。元の画像をほとんど変えずに、詳細を豊かにすることができます。ハイレゾと組み合わせて使用することで、より美しいアップスケールされた画像が生成されます。

  • リファレンスオンリーモデルは何を可能にしますか?

    -リファレンスオンリーモデルは、元の画像の首から上の特徴を強く保持しながら、画像を生成することができます。これにより、同じ顔でポーズや服装を変えることができるため、アイドルの写真集などを作成する際に非常に便利です。

  • ストレージの空き容量に困っている場合、どのような拡張機能が役立ちますか?

    -ストレージの空き容量に困っている場合、モデルツールキット拡張機能が役立ちます。これは、モデルの容量を軽量化してストレージを節約するのに役立ちます。また、コントロールネットのタイルモデルも、画像の高画質化に役立ちますが、ストレージ容量を圧迫するのを防ぐための軽量化も行うことができます。

  • ステーブルディフュージョンの拡張機能をもっと知りたい場合はどうすればよいですか?

    -ステーブルディフュージョンの拡張機能をもっと知りたい場合は、動画で紹介されているノートを参照するか、動画概要欄に貼られたURLをクリックして詳細を学ぶことができます。

Outlines

00:00

🖼️ Introduction to Useful Extensions for Stable Diffusion Web UI

The video introduces five essential extensions for the Stable Diffusion Web UI, aiming to enhance user experience. The host, Mint, presents the extensions in a ranking format, starting with the fifth most recommended one, the Image Browser. This tool allows users to view and manage images generated by Stable Diffusion directly through the Web UI, eliminating the need to open an explorer. It also enables users to search for images by various criteria, such as file name or prompt keywords. The Image Browser provides detailed information about each image, including the prompt and model used, and allows users to favorite images for easier access. The video also briefly mentions other extensions like After Detailer, which helps in creating facial expression difference images and preventing facial distortion, and Model Toolkit, which lightens the storage load by reducing the size of models without significantly affecting the quality of generated images.

05:02

📚 Lightweight Model Optimization and ControlNet Overview

The second paragraph delves into the Model Toolkit's functionality, demonstrating how to select and load a model for size reduction. The example model, 'Sakura Mix,' is shown to be reduced by approximately half its original size of 4GB to 2GB. The video then compares the original and lightweight models using the XYZ tool to generate images from the same prompt, showing negligible difference in output quality. The first-ranked extension, ControlNet, is highlighted for its ability to control the pose, line drawing, high-quality upscaling, and feature preservation of generated images. The video provides a brief overview of four main ControlNet models: OpenPose for replicating poses, LineArt for creating line drawings from photos, Tile for high-quality image upscaling, and ReferenceOnly for maintaining strong features from the original image. The host encourages viewers to watch a separate video for a more detailed explanation of ControlNet and to check the video description for more recommended extensions.

Mindmap

Keywords

💡StableDiffusion

StableDiffusionは、深層学習を用いて画像を生成するアルゴリズムです。この動画では、StableDiffusionを使用する際に便利なウェブUI向けの拡張機能について紹介しています。StableDiffusionは、テキストプロンプトに基づいて高品質な画像を生成することが可能です。

💡拡張機能

拡張機能とは、既存のソフトウェアに追加の機能を提供するプログラムです。この動画では、StableDiffusionのウェブUIに追加することで、ユーザーの操作性を向上させる5つの拡張機能が紹介されています。

💡イメージブラウザ

イメージブラウザは、StableDiffusionで生成された画像をウェブUI上で直接確認できる拡張機能です。これにより、生成された画像を出力フォルダで探す手間が省け、プロンプトや使用モデルなどの詳細情報を一目で確認できます。

💡アフターディテイラー

アフターディテイラーは、StableDiffusionで生成された画像の顔の詳細を高画質化する拡張機能です。これにより、キャラクターの表情を細かく表現することができ、画像生成にかかる時間が増加するというデメリットがありますが、より自然な表情の変化を実現できます。

💡タグコンプリート

タグコンプリートは、プロンプト入力を支援する拡張機能です。ユーザーが1文字入力するだけで、その文字から始まる単語を自動的に提案してくれます。これにより、プロンプトの入力がスムーズになり、生成される画像の質を向上させることができます。

💡モデルツールキット

モデルツールキットは、StableDiffusionで使用されるモデルの容量を軽量化する拡張機能です。ストレージの圧迫を防ぎながらも、元のモデルと同様の画像生成品質を保証します。これにより、より多くのモデルを効率的に使用することが可能になります。

💡コントロールネット

コントロールネットは、StableDiffusionで生成される画像の詳細な制御を行うための拡張機能です。4つの主要なモデル(オープンポーズ、キャニー、タイル、リファレンスオンリー)があり、それぞれ異なる機能を持ち、画像の質と柔軟性を向上させます。

💡オープンポーズ

オープンポーズは、コントロールネットの1つで、元の画像と同じポーズの画像を生成することができます。これにより、既存の画像をもとに、新たなポーズで再現することが可能です。

💡キャニー

キャニーは、コントロールネットの1つで、画像から線画を抽出し、その上に色を塗ることでアニメ風の画像を作成することができます。これにより、実写画像をアニメ風に変換することができ、創作の幅が広がります。

💡タイル

タイルは、コントロールネットの1つで、画像を高画質化する機能を持っています。元の画像をほとんど変えずに、詳細を豊かにすることができます。ハイレゾと組み合わせることで、より高品質なアップスケールが実現できます。

💡リファレンスオンリー

リファレンスオンリーは、コントロールネットの1つで、元の画像の顔の特質を強く保持したまま、ポーズや服装を変えて新しい画像を生成することができます。これにより、アイドル写真集など、同じキャラクターでバリエーション豊かな画像を作成することが容易になります。

Highlights

紹介するのはStable DiffusionウェブUIで使える5つのおすすめの拡張機能です。

拡張機能を追加することで、WEB UI上で生成された画像を確認・検索できるようになります。

イメージブラウザを使用すると、画像生成時のプロンプトや使用モデル、シード値が確認できます。

お気に入り機能で、気に入った画像を簡単にお気に入りフォルダに移動できます。

アフターディテイラー拡張機能は、表情の差分画像を作成し、顔のぐちゃになるのを防ぎます。

タグコンプリートは、1文字入力で人気順に単語を提案してくれます。

モデルツールキットは、モデルの容量を軽量化してストレージを圧迫しにくくします。

軽量化されたモデルでも、オリジナルとほとんど変わらずの画像が生成可能です。

コントロールネットは、画像のポーズや線画、高画質化、顔の特徴を強調した画像生成に使えます。

オープンポーズモデルを使用すると、元の画像と同じポーズの画像を再現できます。

キャニーモデルは、実写画像からアニメ風に変えることができます。

タイルモデルは、画像を高画質化してオリジナルとはほとんど変わらずに維持します。

リファレンスオンリーモデルは、顔の特徴を保持したままポーズや服装を変えられるので、アイドル写真集作成に便利です。

他の多くの紹介したい拡張機能については、動画概要欄のURLで詳しく知ることができます。

これらの拡張機能は、Stable Diffusionの使いやすさを向上させ、創造性を発揮する手助けになります。