今日発表されたGPT-4oがすごすぎる

堀江貴文 ホリエモン
13 May 202406:31

TLDRオープンAI社が新たに発表したAIモデルGPT-4oは、音声とテキストの相互変換を一つのモデルで完結させることで、これまでよりも高速で自然な対話が可能となりました。GPT-4oは、音声入力から迅速に応答し、多言語対応も強化されています。安全性も向上し、学習データのフィルタリングやポストトレーニングにより、より洗練された行動が見られるようになりました。また、音声のトーンや感情表現も理解できるようになり、新たなボイスモードも今後提供される予定です。GPT-4oは、AIの進化を示す重要な一歩であり、実際に試してみることでその驚くべきパフォーマンスを実感できると話題です。

Takeaways

  • 🎉 GPT-4oはオープンAI社が発表した最新のAIモデルで、テキスト、音声、画像を理解し、自然な対話が可能です。
  • 🚀 GPT-4oは音声入力からレスポンスまでの待ち時間を大幅に短縮し、リアルタイムでの会話が可能に。
  • 📈 GPT-4oは多言語のテキストを理解し、翻訳もこなすことで、グローバルなコミュニケーションを支援します。
  • 💬 GPT-4oは音声のトーンや複数の話者を区別し、背景ノイズを理解し、感情表現まで可能に。
  • 🔒 GPT-4oは安全性が向上しており、学習データのフィルタリングやポストトレーニングで洗練された行動を提供。
  • 📊 GPT-4oはベンチマークで新記録を打ち立て、一般知識や専門的な論理の能力も非常に高く評価されています。
  • 🆓 最初はテキストと画像の機能が無料で利用可能で、プレミアムユーザーにはさらに多くの機能が提供されます。
  • 🔊 新しいボイスモードも今後提供予定で、開発者にはテキストとビジョンモデルのAPIアクセスが可能です。
  • 📱 GPT-4oをiPhoneなどのデバイスにインストールし、子供や高齢者と会話するなど、幅広い用途が期待されます。
  • 🌐 GPT-4oはサイバーセキュリティやバイアス問題にも対処し、AIの安全性と信頼性を高める取り組みを行っています。
  • 📈 GPT-4oはAPIコストが前モデルより半分になり、パフォーマンスが向上したことで、より多くの開発者と企業が利用できるでしょう。

Q & A

  • GPT-4oはどのようなAIモデルですか?

    -GPT-4oは、オープンAI社が開発したAI生成系のトップランナーであり、テキスト、音声、画像の全てのモダリティを組み合わせるモデルです。

  • GPT-4oの発表はいつ行われたのですか?

    -GPT-4oは、2024年5月15日に発表されました。

  • GPT-4oの音声認識とテキスト生成のレスポンススピードはどの程度ですか?

    -GPT-4oの音声入力に対するレスポンススピードは、最速で23ミリ秒で、平均で320ミリ秒です。これは人間の会話と同じくらいの速さです。

  • GPT-4oは安全性についてどのように向上させられていますか?

    -GPT-4oは、学習データのフィルタリングやポストトレーニングを通じて、モデルの行動を洗練させています。また、音声処理には専用のフィルタリングがあり、サイバーセキュリティやバイアスの問題にも対策しています。

  • GPT-4oはどのような機能を提供する予定ですか?

    -テキストと画像の機能が無料で使えるようになり、有料ユーザーにはさらに多くの機能が提供されます。また、新しいボイスモードも今後数週間で提供される予定です。

  • GPT-4oはどのような性能向上が見られるとされていますか?

    -GPT-4oは、音声のトーン、複数の話す人の区別、背景のノイズの理解、笑い声や歌、感情表現の再現が可能となり、APIのコストも半分になっています。

  • GPT-4oはどのようなデバイスで使用できますか?

    -GPT-4oは、たとえ古いiPhoneなどのデバイスでもインストールし、使用することができます。

  • GPT-4oはどのような用途で最適ですか?

    -GPT-4oは、子供の話し相手や、少しボケてしまった老人の相手として非常に適しています。また、翻訳機能も備えているため、多言語の対話にも使えます。

  • GPT-4oはどのような性能評価で新記録を打ち立てましたか?

    -GPT-4oは、ベンチマークで5ショットのmmlのスコアが872%と、新記録を打ち立てました。

  • GPT-4oは今後どのような新機能が提供される予定ですか?

    -開発者向けにはテキストとビジョンモデルとしてAPIでのアクセスが可能で、GPT4ターボよりも2倍早く、コストが半分で利用できるようになります。また、音声とビデオの新機能も選ばれたパートナー向けに今後提供される予定です。

  • GPT-4oの有料ユーザーはどのような特典がありますか?

    -有料ユーザーは、テキストと画像の機能の他に、より多くの機能が提供されます。また、使用制限が5倍になるという特典があります。

  • GPT-4oはどのような企業によって開発されましたか?

    -GPT-4oは、AIの生成系AIのベンチャー企業であるオープンAI社によって開発されました。

Outlines

00:00

🎉 Introduction to OpenAI's GPT-4 and its Features

The first paragraph introduces the setting, which is at Beisaid Play Place in Hakata, and mentions a live broadcast on Cross FM. The speaker discusses the recent announcement by OpenAI, a leading AI venture company, of their new AI model GPT-4. GPT-4 is highlighted for its ability to interpret and respond directly in voice, which is a significant improvement over previous models that required voice-to-text conversion before processing. The speaker also mentions the anticipation for GPT-5, which was hinted at in a tweet. They share their experience as a paying user of GPT-4 and suggest that it could be excellent for children and the elderly as a conversation partner, as well as for translation services. The speaker also uses GPT-4 to summarize the OpenAI announcement and convert it into their own words, demonstrating the AI's capabilities.

05:01

🚀 GPT-4's Advancements and Upcoming Features

The second paragraph delves into the capabilities of GPT-4, noting that it can handle a combination of text, voice, and images, making it incredibly human-like in conversation. It mentions the model's fast response times, equivalent to human speech, and its performance in processing English text and code. The paragraph also covers the improvements in safety, with OpenAI refining the model's behavior through data filtering and post-training. GPT-4 is also said to have a high level of general knowledge and common sense, as evidenced by its benchmark scores. The speaker mentions that initially, text and image functionalities will be free, with more features to be provided to premium users. New voice modes and developer access through APIs with faster speeds and halved costs are also discussed. The paragraph concludes with an encouragement to try GPT-4 and experience its evolution firsthand.

Mindmap

Keywords

💡GPT-4o

GPT-4oは、オープンAI社が開発した最新のAIモデルで、テキスト、音声、画像を理解し、自然な対話が可能な高度な機能を誇ります。このモデルは、音声から直接音声へのレスポンスが可能で、かつレスポンススピードが向上しており、AIの応答が人間のように自然に感じられるようになりました。

💡オープンAI社

オープンAI社は、AIの生成系AIの分野でトップランナーを切っているベンチャー企業です。彼らはGPT-4oを発表し、AIの対話性能を大幅に向上させました。

💡音声入力

音声入力とは、人の声を入力としてAIに伝える手段です。GPT-4oは音声入力に対して高速で自然な応答が可能です。

💡テキスト2音声

テキスト2音声とは、テキストを入力としてAIがそれを音声に変換するプロセスです。GPT-4oでは、テキストから音声への変換がスムーズに行われ、レスポンスが速くなっています。

💡レスポンススピード

レスポンススピードは、AIが入力に応答する速さを指します。GPT-4oは、音声やテキストへの応答が非常に迅速で、人間と同じくらい速く対話できるようになりました。

💡安全性

AIの安全性とは、そのAIが適切に動作し、予期しない結果を引き起こさないことを意味します。GPT-4oは、学習データのフィルタリングやポストトレーニングを通じて安全性が向上しました。

💡マルチモダリティ

マルチモダリティとは、AIが複数の情報源(音声、テキスト、画像など)を理解し、それらを組み合わせて応答する能力です。GPT-4oは全てのモダリティを組み合わせたモデルで、人間とほとんど区別がつかないほど自然に対話できます。

💡APIのコスト

APIのコストとは、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用する際に発生するコストです。GPT-4oでは、APIのコストが前モデルに比べて半分になっています。

💡音声のトーン

音声のトーンとは、声の高さや響き、調子などを指します。GPT-4oは音声のトーンを理解し、感情表現も可能にしました。

💡背景のノイズ

背景のノイズとは、会話の背景に存在する騒音のことです。GPT-4oは背景のノイズを理解し、ノイズを排除して音声を正確に認識できるようになりました。

💡サブスクリプション

サブスクリプションとは、定期的にサービスを利用するための料金を支払う仕組みです。GPT-4oは有料ユーザー向けにサービスが提供されており、その利用制限が5倍に広がりました。

Highlights

GPT-4oは、音声から直接音声を解釈し、レスポンスを提供する新機能を導入しました。

GPT-4oは、テキストと音声の両方を扱えるため、レスポンススピードが向上しました。

GPT-5はまだ発表されておらず、今後の期待が高まっています。

GPT-4oは、月曜日から一般利用可能となり、有料ユーザーは5倍の利用制限で利用可能です。

GPT-4oは、iPhoneなどの古いデバイスにインストールし、子供や高齢者と会話できるようになることから、幅広い層に利用される可能性があります。

GPT-4oは、翻訳機能も提供し、使い勝手が非常に良いとされています。

GPT-4oは、AIのパフォーマンスが非常に高く、人間とほとんど区別がつかないほど自然な対話が可能です。

GPT-4oは、音声入力に対する応答時間が短縮され、人間と同じくらいの速さで会話が可能になりました。

GPT-4oは、英語のテキストやコードの性能がGPT4ターボと同等で、多言語のテキスト処理能力が向上しています。

GPT-4oは、APIのコストが半分になり、より経済的に利用できるようになりました。

GPT-4oは、音声のトーンや複数の話者の区別、背景のノイズも理解できるようになりました。

GPT-4oは、笑い声や歌、感情表現を含む音声処理が可能となりました。

GPT-4oは、安全性が向上し、学習データのフィルタリングやポストトレーニングでモデルの行動が洗練されています。

GPT-4oは、サイバーセキュリティやバイアスの問題にも対策しており、より安全に利用できるようになっています。

GPT-4oは、ベンチマークで新記録を打ち立て、一般的な知識や水準の能力も非常に高くなっています。

GPT-4oは、テキストと画像の機能が無料で利用可能になり、有料ユーザーにはさらに多くの機能が提供されます。

GPT-4oは、新しいボイスモードが今後数週間で提供される予定です。

GPT-4oは、開発者向けにはテキストとビジョンモデルとしてAPIでのアクセスが可能で、GPT4ターボよりも2倍速く利用できます。

GPT-4oは、音声とビデオの新機能も選ばれたパートナー向けに今後提供される予定です。